小嶋工務店 H.Yのブログ


小嶋工務店でTOKYOWOODと共に生きる H.Yの気まぐれ日記
by mr_yabech871
カテゴリ
全体

自転車
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
> いとうさん 自分は..
by mr_yabech871 at 21:11
おおお!府中にもさんたま..
by いとう at 12:48
メモ帳
最新のトラックバック
ガメラ:15年9月前半の..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
HID交換!
at 2017-05-16 22:57
V70 リヤブレーキパッド交..
at 2017-04-27 21:21
小田原ポンデケージョ グリット!
at 2017-04-05 18:07
V70 バッテリー交換!
at 2017-03-21 17:50
高幡不動
at 2017-03-09 23:10
WH-6700 まさかのスポ..
at 2017-03-02 19:51
SPDペダルオーバーホール ..
at 2017-02-22 00:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アルテグラ PD-6800 オーバーホール

皆さん 買ったばかりのSPD-SLペダルの回転が渋くて

キャッチしずら~いって悩んでませんか?

どうも HYです^^

今までSPDだった 自分も やっと手に入れた

SPD-SL アルテグラ PD-6800 が

さぞかし いいペダルなんだろうと期待を膨らませていたのが

パワー伝達効率は文句なく上がっているけど・・・

なんちゅうか・・・スタートでペダルの戻りが悪くて

キャッチしずらっ!!!
街乗りではめんどくさいな~って思い
これってグリス変えたら・・・・

ホイールと同じように変わるのでは!?

でもってやり方等をネットで探してみると・・・・

発見! どうやら出来そう!!

実際にやってみました!!

まずは道具!!

c0361424_16072048.jpg
① 7mmコンビネーションレンチ スパナでもいいですが

  きっと7mmなんて持ってない人の方が多いいのと

  7mm・・・きっとこの先ペダル以外で使わないと思うので

  金額的にそんな変わらないのでコンビネーションレンチをおすすめします

  実際やってみて 作業が楽です

② 10mmの薄型スパナ

  薄型じゃないと たぶん上の7mmのナットを舐めてしまうか

  はまらないと思います・・・

③ スパナなら14mmなのですが・・・

  メガネは通らないので使えません・・・・

  精度の高い14mmを使って下さい

  なまくらな工具でやると舐めます・・・・

  自分は舐めました・・・

  最初に外す14mがネジ止め剤を使っていてかなり固いのと

  ナットが中空な為強度的に弱いので変形しやすいのです・・・

  ゆえに舐めた後に 制度の高い高級モンキーを購入しました・・・

  モンキー1本5千円ちょいだったかな・・・

  まっ後々役に立つって事で・・・

ではまずは14mmを外します

c0361424_16075039.jpg
斜めに力を入れないように気を付けつつ

しっかり固定して緩めましょう!

右側のペダルは逆ネジなので注意!
c0361424_16080941.jpg
外れるとこんな感じ

ネジ止め剤が結構塗ってあったので

綺麗に掃除します

グリスは やはり固めのグリスが・・・

耐久性重視といった所ですかね~

c0361424_16082757.jpg
綺麗に拭き取ると こんな感じ

次に7mmと10mmを使って7mmを緩めます

ちょっとゆるんだら

軸を六角で固定しつつ7mmを外して下さい

c0361424_16091059.jpg
でもって7mmの後に10mmを外してその後は順々に抜くだけ

c0361424_16093476.jpg
ベアリングは片側12個左右合わせて24個

とっても小さいので 絶対に落としたりしない措置をして作業して下さい

落としたら無くす可能性大!!
外したパーツをパーツクリーナーで洗浄し綺麗なウエスで拭き取り
今度は組み付け!

外した行程を逆に進めるだけ^^

自分はこのグリスを愛用しています

c0361424_16122917.jpg
セラミックベアリングじゃないホイールはこれが大活躍!

まずはシャフトを固定して

自分はマルチツールの六角に差して作業しました

c0361424_16423052.jpg
シャフトに パッキンより上側にグリスを塗りまくり

c0361424_16370032.jpg
ナットを差し

c0361424_16372694.jpg
グリスを盛ってから

12個のベアリングを乗せる
グリスを盛らないでやると外れて落として無くしかねないので注意!
c0361424_16375226.jpg
硬めのゴムを差し

c0361424_16382156.jpg
グリスを盛ってから残りのベアリングをセット!

c0361424_16384992.jpg
10mmのナットを動かなくなるとこまで手締め

c0361424_16400368.jpg
7mmが10mmに当たるまで絞めて

ここからがコツ

我流ですが 玉当たり調整は

ロックナットと玉当たりのナットをある程度締めて

(本締め手前 二つ同時に動かせるレベル)

それから 二つ同時に緩める

ちょっと緩めては 回転を確認

(ゴリゴリが無くなるまで)

絶妙な位置に来たら本締め

カップアンドコーンのハブを普段からメンテしてる人には

なんてこと無い作業のはず・・・

10mmの玉当たりナットをナイスな位置に決めてから

7mmを締めようとするとイライラが募るでしょう・・・・

玉当たり調整が済んだら

c0361424_16403106.jpg
ペダルにねじ込む

何度も言いますが

右ペダルは逆ネジ!


c0361424_16410703.jpg
はい完成!

手でくるくる回してみると

その差は歴然!!!


クリートキャッチする気満々やん!!

回転抵抗でいえば デュラを手に入れたかの如し!!(個人的感想)

ナットを舐めさえしなければ

コスパの高いチューン!

ちなみに舐めたナットは・・・・・

c0361424_17151416.jpg
左:舐めたナット

右:新たに買ったナット(約900円)

見事に円が楕円に・・・・・

ちなみに 舐めたナットを外す為に

バイスグリップも購入しました・・・・

皆さんは高く付かないように

気を付けなはれやっ!!




 


[PR]

by mr_yabech871 | 2017-02-07 17:38 | Comments(0)
<< パリール! 府中 肉バル×ワイン KOTAN ! >>